ウクレレスタジオMahana(マハナ)オフィシャルブログ
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NewEntry
Profile
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
<< 株)マルエ様よりのご協賛商品到着しました〜^^ main ジュニアな一日〜♪ >>
二胡クラスが始まるよ〜^^
 皆さんにお知らせです〜^^
8月より、いよいよ二胡のレッスンがマハナでスタートします!!
二胡にあまり詳しくないので、ウィキペディアで調べました^^

(二胡とは・・・)
擦弦楽器の一種で、2本のを間に挟んだで弾く。琴筒はニシキヘビの皮で覆われている。原型楽器は、唐代に北方の異民族によって用いられた奚琴という楽器であるとされる。この頃は現在のように演奏するときに楽器を立てず、横に寝かせた状態で棒を用いて弦を擦り、音を出した[1]。 宋代に入り演奏時に立てて弾く形式が広まり、この頃には嵆琴と字を変えて呼ばれるようになった。宋代宮廷のある嵆琴奏者が一本の弦で曲を弾いたエピソード が瀋括《補筆談・楽律》に見え、この時ある程度の演奏技術が確立していたことが分かる。また同じく瀋括《夢渓筆談》の記録より、宋代で既に馬の尻尾が弓に 用いられていた様子が伺える[2]。近代になり劉天華等 によって演奏技法が高度化され、それに伴い楽器自体も改良が重ねられた。1920年代、西洋音楽が中国に大量に入り、劉天華をはじめとした音楽家たちは中 国の伝統文化と融合させた新しい音楽や奏法を開発した。劉天華は二胡独奏曲「良宵」、「光明行」など十曲を作曲し、それまで戯曲の伴奏が主体であった二胡 に、独立した楽器としての地位を与えたのである[3]

そんなわけで、7月14日(日)の発表会の一般社団法人ウクレレサポート協会さんのスライドショーの際に二胡クラスを担当されるATSUKO先生にデモ演奏をお願いしました。。。
きっと、素晴らしいスライドショーになることと思いますので、どうぞご期待ください〜

二胡の体験レッスンを開催いたします。
日時 7月21日(土)13:00〜14:00
会場 小山中央公民館 視聴覚室
講師 NIKONO ATSUSKO先生
申込みは ギター&ウクレレスタジオマハナまで 0285-37-6010

NIKONO ATSUSKO先生プロフィール)
今まで色々な楽器を経験しましたが、一番心惹かれた音色の楽器が二胡でした。
2000年頃二胡に出会い、劉峰二胡教室、十三堂二胡教室で福田先生より二胡の手ほどきを受け、2003年から天華二胡学院で賈鵬芳先生、賈鵬新先生、周耀[金昆先生のもとで学びました。二胡を持つのは初めてでも大丈夫です。二胡と弓の持ち方、楽譜の見方、最初の音を出す基本からはじめます。

中国曲、J-POPから昭和歌謡、クラシックまで様々なジャンルの曲を弾いてみましょう。
そして自分の大好きな曲を二胡で楽しく弾きましょう!

二胡クラス、、、楽しみです^^

あつし。





2013.06.07 Friday 15:15
- comments(0)
comment




/PAGES